ネコは、マタタビ味のマグロ缶詰の夢をみるか

「ネコのレム睡眠を見ちゃった」と、つれあいが言った。

ソファで膝に抱いていたネコがねむって、目玉がグルグル動いていたというのだ。手足も突っ張っていたという。長男ネコのムウである。

このネコは、一年前、つれあいが抱いていっしょに寝ていたところ、深夜に、とつぜん毛布の下から跳ね起き、顔を踏みつけて逃げた。悲鳴をあげて飛び起きたつれあいの右目の下の皮膚についた長さ3センチほどの傷からは、血がどくどくと、、、、。

寝ぼけたネコのせいで、つれあいは全治6ヶ月の傷をこうむった。ネコのツメの傷は深くぎざぎざで治りにくいらしい。ファンデーションを塗らないと、いまでもうっすらと傷跡が見える。

このときは就寝中に寝ぼけて飛び起きたのだろうと、漠と思っただけだった。が、原因が恐い夢だったとすれば、ネコの脳で起きた恐怖のストーリーがいったいどんなものだったのか、興味がつきない。ちなみに、ネコやイヌも夢をみることは確かなようで、ネコの夢については、このページがわかりやすかった。夜寝たあとにみる夢はこわいものが多い。そのうめあわせで昼間みる夢が楽しい白昼夢になるとすれば、ネコは、昼寝しながら、マタタビ味のマグロ缶詰の夢をみているのだろうか。

  

「なんとかがなんとかの夢をみるか」というフレーズは、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」からはじまったのだろうと思う。これが新刊で平積みされていたのを見た記憶がある。もじりやすいので、亜流がいっぱいのようだ。「信長の野望」がNECのパソコン上で動くBasic言語で書かれていてソースコードが丸見えだったころ、同じ会社が「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?」というタイトルで、いやらしいソフトを売っていた。恥ずかしくて買えなかったが、よくも悪くもタイトルに強烈な印象を受けて、いまだにその名を覚えている。ウェブで、調べてみると、ここにあった。

 

 

 

最近のブログ記事

きまぐれ落書き
ブログは自己満足のために書くものだ。書き…
点滴ネコ?
正月4日、病院を訪ねると、ネコは生きてい…
点滴ネコの経緯?
昨年12月に飼いネコの一匹が突然吐くこと…