窒息するネコの顔

長男猫ムウ、妹猫メイの全力疾走おいかけっこがウルサイ。床の上をおいかけっこするだけでなく、棚の上に飛び乗ったり、ソファの背やベッドに駆け上り飛び降りる。ムウは6キロ近く、メイも5キロある。飛び降りたときのドスンという足音は、まことにウルサイ。

ときおり、やめさせるために介入するのだが、叱られそうなのを敏感に察知して、手の届かない椅子の下や家具の後ろに身を隠す。確実にやめさせるには、猫族が嫌いな電気掃除機をウインウインいわせて先端で脅かすのが良い。。。。。動物愛護の観点からは、良いというわけではないだろうが、軽いイジメなら、遊んでもらってると思ってくれるのではないか、、、、。こういう脅かしをやった夜でも、いつものとおり、2匹は私とつれあいが寝ているベッドにもぐりこんできて腕まくらを要求し、すぐにフガフガと寝息をたてるのである。

かわいい。が、昨夜は彼らの夢をみた。

///////////////////////////////

2匹がおいかけっこしていて、you-tubeやテレビで有名になった「紙袋に飛び込むネコ」のように、透明なビニール袋に飛び込んだ。その瞬間、掃除機のスイッチが入り、布団をペチャンコにするあの製品のように、ネコがかぶったビニール袋から空気が吸い取られ、窒息して、その苦しさにネコの顔がゆがむ。あっ、ネコが死ぬ!!と思った瞬間、眼が覚めた。

/////////////////////////////////

どんな風にネコの顔がゆがんだか、まったくビジュアル記憶はないが、確かにネコの顔が歪んだという強烈なインプレッションが残っている。だけど、苦痛に歪む人間の顔なら思い浮かぶが、ネコの、快感や苦痛の表情はどうやって見分けるのだろう。

そんなこともわからないのでは、ネコ飼いの修行がまだまだではある。

 

 

最近のブログ記事

きまぐれ落書き
ブログは自己満足のために書くものだ。書き…
点滴ネコ?
正月4日、病院を訪ねると、ネコは生きてい…
点滴ネコの経緯?
昨年12月に飼いネコの一匹が突然吐くこと…