エサ変更戦争その3

やつらが新エサにハンストしたまま、時間がすぎた。このpHコントロール食への切り替えの体験段をwebで探すと、いくつかあった。3ヶ月かかったという苦労談もあった。

フーム、そうやすやすとは切り替えられないのか、、、、、と気づかされて、長期戦の覚悟をする。

早朝、wifeが言う、「コロコロの糊をなめてるわよ。味があるのね」

じゅうたんや床のホコリをくっつけて掃除する、あのコロコロのことである。

えっ。

味があっても、粘着部分に有害な成分がないとは限らない。やれやれ、たしかに、空腹ではネコもかわいそうだと思い、彼らが見向きもしないそのpHコントロール食に、おかかをまぜた。

よほど腹がへっていたのだろう、あっというまに、完食である。なるほど、おかかのトッピングでpHコントロール食に慣れさせればうまくいくにちがいない。少し望みが見えてきた。

しばらくして、wifeが「あれれぇ」と叫んだ。長男ネコのムーが尻にでっかいうんこをつけたまま、リビングから寝室へ歩き回っている。「うんち砂のトレイの端に足を4本とものせてうんちしようとしていたから、あら、去年便座に座って水洗トイレに直接するようトレーニングしたときはまったくおぼえなかったのに、今年はできそうだわ、と思って、うんちしているところをじっと見つめたから、はずかしくて途中でやめちゃったのかしら」

「のんきなことを言ってないで、尻を拭いてやってくれ。きっとコロコロについてた髪の毛まで喰ってしまって、うんこがつながってしまっているに違いない。うんこを無理にひっぱるなよ。髪の毛で尻の穴を傷つけかねないぞ」

エサ変更作戦を実施 
→ 喰わない・ハンスト 
→ 腹へってコロコロの糊をなめた 
→ コロコロについていた髪の毛を呑み込んだ 
→ おかかトッピングで喰って腹がふくれた 
→ 大便 
→ 髪の毛が便にまじって、切れなかった 
→ リビングと寝室の床に、ネコ便のかけらが。。。。
→ 雑巾とマイペットで拭き掃除のあと、ファブリーズ。

今日の教訓:えさを変えると、うんこがちらかる。

 

最近のブログ記事

きまぐれ落書き
ブログは自己満足のために書くものだ。書き…
点滴ネコ?
正月4日、病院を訪ねると、ネコは生きてい…
点滴ネコの経緯?
昨年12月に飼いネコの一匹が突然吐くこと…