JBの竹林食堂 Abc

開発会社のマレーシア人のマネージャーと、シンガポール人の運転手が意見を述べ合って「あそこがうまい」と一致した街中の食堂に行った。

 

注文したのは、皇帝紙包鶏肉。お値段、14リンギット。

 

丸ごと1羽。紙にくるんで、だしをかけ、蒸し煮にしてある。棗や野菜も少し一緒に入っている。たいへん良い味になっている。サムゲタンを紙包みにして蒸したようなかんじ。

14リンギット=約400円。という安さ。客がひっきりなしの繁盛店。JBというのは、ジョホールバールのこと。

 

 

このブログ記事について

このページは、あたるおぐらが2010年12月24日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iggy baa」です。

次のブログ記事は「庶民飯のたぐい acc」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja